お金

支出をへらそう!【長続きする節約方法とは】

投稿日:2019-02-14 更新日:

こんな方におすすめ

  • 節約したい
  • なぜかお金が貯まらない
  • 日々の出費を減らしていきたい
みなさんこんにちは。まなびねこと申します。
僕はプロの「招き猫」になるために日やお金社会のことについて勉強しています。

さて、支出を見える化できたら、いよいよ支出のへらし方です。

目次

  1. 固定費を見直そう【超重要】
  2. 予算をたてよう
  3. 節制をしよう

 

1. 固定費を見直そう【超重要】

お師匠さま
固定費を見直すことが1番効果があるんや

 

なぜ固定費なのか

月に定額で発生する出費は家計へのインパクトがもっとも大きいからです。

毎月出ていくお金をへらすことで、支出は大きく削減できます。

たとえば家賃が今より2万円安くなったらとしたら、年間24万円の支出の削減になります!

 

ハワイいけますね!

だからこそまず固定費から削りましょう!

これが一番効果があります。

意外と毎月でていく支出には無頓着になりがちです。

 

簡単に結果が出る!

一度固定費を減らすことに成功すると、簡単に明確な結果がでて、支出をへらすことがたのしくなります。

だって毎月、毎年の支出がへるわけですからね!

 

お師匠さま
痛みは一瞬や、これはガマンせなアカンで

 

ぼくは初めにスマホを格安SIMにするところからはじめました。

目に見えて支出がへっているのがわかるとうれしくて、節制へのモチベーションもあがりました。固定費を見直すことの重要性を肌で実感した瞬間です。

あと大手キャリアの罠にもたくさん気づくきっかけにもなりました。

こういった罠がたくさんあるのでひっかからないためにも知識が必要にですね。

 

固定費のどの項目を見直すべきか

へらすべき固定費はこれらです
理由はシンプル。額が大きいからです。

見直すべき固定費

・家賃
・車
・保険
・スマホ料金
・アプリなどの毎月課金
・光熱費

家賃や、車など大きい支出もそうですが、たとえばアプリで毎月課金しているサブスクリプションサービスなどはすぐにでも見直すことができますよね!

NETFLIXやHuluなどとても便利ですが、家族や(友達間)でシェアできたりしますよね!

うっかり入ったままになっているサービスがないか確認してみましょう。

 

たとえ月額980円でも、1年だと11,760円にもなるよ!

 

2. 予算をたてよう

予算を立てることで、使っていいお金が明確になります。

心理的にも安心です。

ゲーム感覚で支出が制限できる!

変動費予算を設けましょう。

変動費には食費、衣服、交際費、娯楽、カフェ代などが含まれます。毎月出費額が変動するものです。

支出は大きく分けると2種類あります。固定費変動費です。

固定費はいったん手をつけると削減することができるのですが、変動費は予算を立てないとコントロールが難しいのです!

実際に予算をたて、実績を記録すると、ゲームをしているかのような感覚になり楽しいです。

 

支出の見える化についての記事はこちら👇

お金の支出の管理【家計簿はポイントを押さえれば簡単!】

こんな方におすすめ 節約したい なぜかお金が貯まらない みなさんこんにちは。まなびねこと申します。 僕はプロの「招き猫」になるために日やお金や社会のことについて勉強しています。 さて、無駄遣いばかりし ...

続きを見る

 

予算と実績

予算を設定したら、実績をとりましょう

予算と実績を確認していくことで、自分の支出に適切にブレーキをかけることができます。

今月は飲み会が多すぎたから、衣服は我慢しよう!など

数字で確認できることでより明確に今の状態がわかるので、無駄遣い防止になります!

参考までに、僕の予算と実績です!

だいぶ食べ物につかいすぎていますね。。トホホ

 

マネーフォワードで予算をたてよう!

とはいえ、大学ノートや手書きで、予算と実績を記録するのは大変なのでアプリを使いましょう

マネーフォワードは予算に対する実績のグラフが見やすいです!

支出に対して自動でカテゴリ分けも設定してくれるのですが、その精度がすばらしいからおすすめです。

クレジットカードの明細を自動で連携し、カテゴリ分けもしてくれます

 

マネーフォワードが勝手に、「カフェ」か「ごはん」にカテゴリ分けしてくれて、自分の支出のクセを見える化してくれます。

 

この他にも、現金をポケットに小分けにして管理する方法もあります。

が、、僕もやっていた時期があったのですが、とてもめんどうで続けられませんでした…

現金だと基本 手で入力することになるので大変です。

加えて、ATMって最近何をしても手数料がかかりますよね…

出金だけでなく、預け入れにも手数料が!(泣)

 

3. 節制をしよう

 

節制節約は実はまったく異なります。

節制 欲望におぼれて度を越すことがないように、適度につつしむこと
節約 むだを省いて切り詰めること

やるべきは節制です。

 

ガマンは長続きしない

すべてをガマンして生活を切り詰めて行ういわゆる「1か月◯万円生活」的なものは継続できません

なにかを切り詰めてしまうと、ストレスがたまって、逆にどこかでしわ寄せがきてしまうからです。

 

これは僕の経験談です。

予算で食費を2万円に抑えるぞ、と意気込んで、毎日質素で健康とはいえないメニューの食事ですごしていました。

すると風邪はこじらせるし、食費が少なくすんだからご褒美に服を買おう!(!?)となり本末転倒でした。(笑)

意思が弱いだけでは…?

 

支出を継続的にへらしていける!

支出はやはり継続してへらしていかなければ意味がありません

 

お師匠さま
リバウンドは禁物やで

 

節制できるようになると、ストレスをかけずに支出をへらせます

そうすると、過去の僕のように、風邪を引いて病院にいってしまったり、服で散財してしまったりすることがなくなりますね

 

節制を心がけよう

節制」この考え方こそ、いわゆる長続きする節約方法です。

 

お師匠さま
足るを知る者は富む っちゅう言葉があんねん

 

必要十分でいいという考え方が大事です。

ただ闇雲に好きなものをガマンばかりするのではなく自分にとってそこまで重要でないものなら妥協するということが大事ですね。

しっかりと支出が把握できて、支出もへらせて、実際にすこしお金があまりだすと楽しくなって気が付くと節制脳になっているとおもいます。

 

お師匠さま
なにごとも楽しく、続けるコツを探してみなはれ

 

まとめ

本日のまとめ

step
1
固定費を見直して、へらそう


step
2
予算をたて、実績をつけよう


step
3
節制をしよう

 

無理せず続けるためには、切り詰めるだけでなくて、
自分と向き合って消費行動を考えなきゃね

-お金

Copyright© まなびねこブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.