お金 副業

勉強法・情報収集のコツ【もう翻弄されない】

投稿日:2019-03-29 更新日:

こんな方におすすめ

  • 効果的な勉強方法が知りたい
  • 情報が溢れていて、どうやって情報収集すればよいか分からない。

 

 

情報を見極める方法

grayscale photo of person using MacBook

この情報にあふれた現代社会。

上手に生きていくためには、どのように情報を見極めるべきでしょうか。

 

【注意】便利な時代ですが、質の低い情報もたくさんある

先日このようにツイートしました。

 

 

本質を知るには

ブログばっかり読んでても
そりゃ、賢くはなれない。

その内容を、自分なりに解釈し
実践して血肉にする。

簡単にまとめられた
ブログや記事は
あくまで1次情報

その原典も読む

でもそれより実践が大切

 

僕たちがインターネットで知れることは増えましたが、浅い情報がたくさんあるのもの事実。

 

インターネット以前の時代、発信する手段というと、テレビや書籍、ラジオのみでした。

権威がある人しかそれらを通じて、世の中に意見を発信することはできていません。

 

しかし、今は誰でも発信することができます。

この前提を知った上で毎日、情報と接していくことが大切です。

 

でも一方で、

これまで世の中のほんの一部の人しか知らなかった情報を知ることもできるようになったね

 

ネットの情報は
あくまで一次情報として利用する

person using MacBook Pro

 

ネットの情報はあくまで、リサーチの一次情報にするようにしましょう。

Googleで検索すれば、たいていのことは分かるようになりました。

しかし、情報の濃度が薄いのも事実。だれでも発信できるようになったことによる弊害でしょう。

 

Twitterやブログばかりみていては、カジュアルに情報収集ができますが、

情報源がこれらばかりだと浅くなってしまいがちです。

 

情報の原典にあたる

それではどうすればいいか。

原典を参照しましょう

 

お師匠さま
原典とは、もととなった参考資料のことやで

 

要約サイトやブログ記事では、書いている人の主観フィルターがかかっています。

 

さらに効果的なのは、原典にかかれている参考資料や参考書籍もさかのぼって自分でみていくことです。

こうすることで、より本質へと近づくことができます

 

最近だと、本の要約もたくさんありますが、原典である書籍を実際に読み込んだ方が得られるものが格段に多いです。

 

【重要】情報収集の本当の目的

目的意識があまいと、せっかく勉強しても効果が薄い、という研究もあるそうです。

では、効果を最大限にするにはどうしたらよいのでしょうか。

 

情報は「使うため」にあつめる

そもそもなぜ情報収集をするのでしょうか。

使うためです。情報は道具にすぎません。

 

僕自身も、趣味としての読書や、好奇心をみたすためのリサーチも大好きですが、

自分が直面している課題を解決してくれる情報だと、向き合い方が大きく変わります。

 

たとえば、なんとなく痩せたい人と、

1か月後の結婚式までに本気で痩せたい人だと

 

後者のほうが情報への意欲は圧倒的に高いことが想像できるでしょう。

 

情報は「知識」になって
はじめて意味をなす

情報は徹底的に活用して、自分の「知識」にしましょう。

自分のものにできてはじめて、情報が真に活きたといえます。

 

あなたもこんな経験はありませんか?

「あれ、この内容、前買った本でもいってたな、、」

この頻度が多い人は、自分の情報収集へのスタンスを変えたほうがいいかもしれません。

 

自分もそうでしたが、ずっとぐるぐるして、成長できていないとサインなんですよね

やる気はあるのに、もったいない!

 

点と点を線にする

とはいえ、フローの情報も大切です。

 

最新のニュースなどのフロー情報と、ストックしておくべき本質的な知識が線でつながるからです。

線でつながると自分の仕事や生活に応用し、活用することができます。

 

フロー情報というのは、時事ネタであったり、世間で今話題のニュースなどです。

 

芸能ゴシップは追わなくていいです。

ただ、なぜ多くの人が話題にするのか、世代ごとにみたとき、それぞれどんな意見が多いのか、などの視点で観察すると、世の中の流れや世代間の価値観が垣間見れるのでおもしろい。(笑)

 

うまく情報を収集し、自分に生かす方法

black and silver laptop on brown wooden rack

ここからは効率的に情報を集めて、自分に活かすにはどうすればいいか経験則でご紹介します。

 

新しいことを勢いではじめちゃう

新しいことを勢いで始めると、かならず壁にあたります。

そのときに情報を収集すればいいのです。

 

直感はだいたい正しいです。

多くの成功者たちが、「まずは行動しろ」と口をそろえて言うのは、これが理由や。
お師匠さま

 

集めた情報を自分の言葉で表現する

集めた情報を知識へと変換するためには、自分のことばで要約することで定着率があがります。これは脳科学で実証されています。

ちなみに、難しい情報を難しいまま、発信するのは実はカンタンです。右から左に受け流すだけだからです。

 

自分のことばに変換するためには、しっかりと理解しておく必要があります。

 

テレビなどでひっぱりだこな池上彰さんは、ほんとうにこの能力が長けています。

難しいニュースを、だれにでも理解できる言葉で説明します。

 

相手に伝わらなかったとき、それは自分の伝え方が悪い

とご自身の著書「伝える力」で述べています。

 

 

有益な情報が入ってくる
仕組みを構築する

情報があふれている時代、よい情報を得るためには、便利なツールを活用しましょう。

 

具体的には以下です。

・Twitter
・NewsPicks
・Youtube

 

これらはスマホで無料で使えるのに、有益な情報がたくさん転がっています

ただ中毒性や娯楽性もたかいため、惰性で見ないことが大切です

 

Twitter

いいところ:最新のフロー情報を、カジュアルに受け取ることができる

コツ:リスト機能を活用。ジャンルわけして、効果的にツイートをみる。

 

NewsPicks

いいところ:ジャンルごとに、権威のある情報をみることができる。

コツ:コメントは最近は質が低いのでの参考程度に眺める

 

Youtube

いいところ:動画だと、受け取れる情報量が多い。受け身で情報収集できる。

コツ:こちらもリスト機能を活用。ジャンルわけして、定期的に見直す。

 

上記のツールはすぐに利用できるので

あなたが興味ある分野の情報収集に、つかってみてください!

 

本日のまとめ

step
1
今はだれでも発信できる時代。選球眼が重要。


step
2
原典を自分で読むと理解が深まる


step
3
情報は使ってナンボ

Twitterでも情報発信をしているので、チェックしてもらえると嬉しいです!

Twitterはコチラ!

 

 

-お金, 副業

Copyright© まなびねこブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.