お金

お金の支出の管理【家計簿はポイントを押さえれば簡単!】

投稿日:2019-02-12 更新日:

こんな方におすすめ

  • 節約したい
  • なぜかお金が貯まらない
みなさんこんにちは。まなびねこと申します。
僕はプロの「招き猫」になるために日やお金社会のことについて勉強しています。

さて、無駄遣いばかりしていた僕が、月に万円貯金できるようになりました。

ポイントとなるのは見える化です」

目次

  1. 支出を把握しよう
  2. 家計簿をつけよう!
  3. 家計簿をつける際のポイント

 

1. 支出を把握しよう

 

把握といっても、どうやって…

 

先月、いくら使ったか把握していますか?

どうでしょうか。
把握していない人は把握するところから始めましょう!

とにかく、無駄な支出を減らしたいので、まずは現状を把握することがたいせつです。

前の記事でもお話した【4つのこと】のうち、はじめの一歩です。

お金持ちになりたい【やるべき4つのこと】

 

ダイエットに例えたらわかりやすいです。

痩せたい。と言っている人が体重計にのらずに、自分の現体重を把握していないとなると、お話になりませんよね!

かくいう昔の僕はこんな当たり前のことなのに、めんどくさがって収支を把握できていませんでした。。

 

支出を把握しないとお金に余裕が生まれることはない

支出を把握して初めて、どうやったら出ていくお金を減らせるのか考えることができます

そうして初めてお金に余裕ができるのです。

支出を把握していると、なんとなく勘所がわかってきます。これ我慢したら今月の支出おさえられるな。とか お、今月は結構余裕があるな。というバランス感覚を磨くことができます。

お金を払うときに、より意識的になれるよ。

 

会社だと倒産している

支出>収入

これが会社だとあっという間にバンです。笑

サラリーマンやアルバイトで定額のお給料が振り込まれる環境にいるので、少々支出が上回っても生活できますよね。

しかし、会社というものは仕入れをして、それをお客さんに売り、利益を出します。お金のやりくりの見通しが立れていないと経営ができません。皆さんのお給料も入ってこないのです。

「ごめん!今月見通しが甘かったから、お給料カットで!」

と社長からいわれたら即やめますよね。。

支出を知ることは会社で例えると、それくらい当たり前で重要なことなのです。

 

お師匠さま
会社ってすごいんやで。ありがたいことや。

 

2.家計簿をつけよう!

チェックボックス(チェック済み)のイラスト

支出を知ることが重要なのはわかった!

じゃどうやって記録すればいいの?やはり家計簿・・?

家計簿とはなにか
【書くべきことは】

家計簿をつけましょう!

まずは支出を把握するところから、すべてがはじまります。これが習慣になると不思議と記録をつけるのが楽しくなります。

つけないとキモチわるい状態になるのが理想ですね。

家計簿といってもまずは出ていくお金を記録するだけで十分です!

 

なぜ家計簿が必要なのか

自分のお金の使い道すべて見える化されるからです。

可視化されると様々なことに気が付けるのです。

おそらく、多くの方が自分でもまったく想像していなかった雑費がちょこちょこあるので絶望します。笑

僕の場合、ほぼ毎日コンビニでの300〜600円ほど謎の出費がありました。笑

1ヶ月換算すると1万円にも(汗)

にゃんだこれは。。。記憶がないぞ。

 

家計簿をつける効果

ほんとうに必要なものにだけお金を使えるようになります。

なんとなく、で買い物することがなくなります。必ず目的意識をもった買い物ができるようになります。しかも苦ではないのです。習慣の力ですね。

お師匠さま
習慣のもたらす力はすごいんやで

このあと紹介する名付けてGood/Badラベリング法が頭の中できるからです。

頭でできるようになると必要なものにだけお金を使えるようになります。

 

家計簿をつけてみると不思議とでてくる
用途不明金ってなんでしょう…一番怖いですよね。

 

3. 家計簿をつける際のポイント

仕組みづくりがすべて

結論を言ってしまうと、アプリなどで自動で家計簿をつけれる仕組みを作ることです。

なぜなら、自分でいちいち記入するのはとても大変な作業だからです。

レシートも保管しておかなければなりません。毎日もらさずに記帳できると思いますか・・?

 

最強の仕組み

普段のお買い物:クレジットカード
家計簿:スマホアプリのマネーフォワード

この組み合わせが僕がやってきた中で、一番のおすすめです!

 

Good/Bad ラベリング法

これは自分の支出をすべて振り返って、Good/Bad をつける作業です。

Good/Badをつけることによって、支出を客観的にみることができます。

普通に家計簿をつけるだけよりも楽しくなってきます。

さぁ、今日から支出をすべて洗い出して、ラベリングをしていきましょう。

削るべき項目がひと目でわかります。大変な作業ですが、2,3ヶ月でも継続したら意識が大きく変化します。節制脳になります

僕がつけたのはこんな感じ。

ポイント

自分の支出クセをしることができる

 

必ず定期的にチェック

家計簿をつけたら必ずチェック・分析をしましょう!

家計簿をつけるだけでは意味がありません。

何に、どれだけ使っているのか。想定以上の支出はないか。ただの消費は予算内に収まっているか。

家計簿の本質は「振り返りにあるからです。

たとえば毎日自分の顔を鏡で見ていると、髪が伸びたな、ひげが伸びたな、肌が最近荒れてるな、、など嫌でも気が付きますよね。それと一緒だと思うんです。

お金の出入りは数値化しないと見えないのでまずは家計簿をつけてみることによって、今の状態を常に確認できるようになるのです。

また節約ができたり、いつもより少ない出費に収まるとそれがハッキリとわかるので、とても楽しいです!

モチベーションにもなりますよ!

 

お師匠さま
なにごとも楽しむ工夫が大事やで

 

まとめ

本日のまとめ

step
1
支出を知るために、家計簿をつけよう


step
2
仕組み化して、ラクに記録


step
3
見える化したら、自分の支出を分析し改善しよう

 

はじめは確かにめんどくさいです。
何度もやめたこともあったけど仕組み化してからはお金の使い方がかなり改善しました!
続けることが大事だね!」

-お金

Copyright© まなびねこブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.